恋愛

『会いたい』を引き出すには。

前回、 【男は点。女は線。】 で収まらなかった、 彼の『会いたい』タイミングを待つのは、ちょっと寂しい。。 という方へのお話です。 前回の記事を読んでいない方は、まずそちらをお読みください。 いつも繋がっていたい。と思う女性。 ぶつ切りの関係でも、大丈夫な男性とはちがい、 会えない時間に不安が芽生えることもあります。 関係性が徐々に濃くなり、心のつながりができてくれば 『繋がっている』って感覚は、実際会っていなくても生じやすくなるのですが、 関係が浅いうちは、不安になりがち。 会って確認がしたくなるのは、当然かもしれません。 気まぐれで連絡のある、彼を待てない。 そんな時は、 彼の生活のルーチンに入る のがいいです。 どういう事かといいますと、 定期的に会う日を決める。 のです。 感情関係なく、習慣的なものにしてしまえば、 次にいつ会えるか。。と心配しなくてすみますし、 約束以外の日には、安心して自分に時間を費やす事ができます。 付き合い始めに、 「週末は一緒にすごそう」 「第二第四日曜は、一緒にでかけよう」 など、 二人の付き合いのパターンをおおよそ決めておくのです。 できれば、彼のテンションが上がっている、付き合いたての ラブラブモードの時の方が、お願いは聞いてもらいやすいので、 早めに、彼の付き合い方を察知する必要があります。 もちろん、 数ヶ月経って、落ち着いた時でも、二人で話をして決めたりしたらいいのです。 そして、これは、ちょっと時間がかかりますが、 自分が日を決めて、電話したり、会いに行ったりし、 定期的に、彼に『思い出して』もらうのです。 そうする事で、彼のなかにパターンができて、会うリズムがうまれ 結果、決まった日に会う習慣になるよう、誘導するのです。 男性は、 「ああしろ、こうしろ」 って言われるのは苦手ですから、『お願い』をするのがいいですね。 もし、断られたり、希望通りの頻度にならなくても、 怒ったりせず、二人の一番いい方法を根気よく見つけていく事です。 ルーチンに組み込まれれば、 会社へ行くように、 筋トレするように、 歯を磨くように、 『彼女と会う』という事も、自然で当たり前になるでしょう。 こうなれば、あなたの不安は半分は解消されるはずです。 ?? 半分?? そう、半分です。 ルーチンには感情は発生しにくいので、 『会いたい!』と欲する気持ちがあるかどうかはまた別です。 そうなると、 会っていても、彼が上の空だったり、寝てばっかりいたり、 かえって、 『私は大切にされてないのでは。。?』なんて、 新たな不安を産むかもしれません。 あああああ、 また、新たな不安が、、、悩ましい、、笑 ではでは、 今度は根本的な事を。 前回も書きましたが、 男性にとって、会う頻度はそれほど重要ではなく、 『会いたい』時に会いたいのです。 この事を、 「男性って勝手!」 と、切り捨てず、 どうしたら、『会いたい』って思われるか。 それを考えた方が、会う会わないを悩むより建設的です。 それには、彼が心地いいと感じる時間を過ごす。 と、同時に、 自分が楽しく過ごす事。 だと思います。 男性は 感謝するより、 感謝されたい、必要とされたい。と、特に女性には思っています。 本能に『守る』ことがインプットされているので、 助けたり、頼られたりすることで相手を喜ばすことができると すごく心地よくなるのです。 これは、 なにも、あなたが、 必要以上に頼ったり、わがままなくらいにお願いをしたりしなくても、 ただただ、気持ちよく、自分らしく、笑顔で一緒に過ごしていれば いいのです。 それを見て、彼は 『彼女を笑顔にさせている俺は、彼女にとって必要な人間なのだな』 と、自信がつき、心地よくなるのです。 もしかしたら、そんなあなたをみて、もっと笑顔にさせたいと、 いろいろと尽くしてくれるようになるかもしれません。 その時は、笑顔で 「ありがとう!とっても嬉しい!」 と、感謝を言葉にできたら最高。 もしかしたら、彼が過剰にいろいろしてきて、 ちょっと、うっとうしいな。。。。。(笑) なんて感じても、彼の気持ちに感謝しましょうね。 肝心なのは、 『あなたは私にとって、大切な存在』 ってことを、伝え続けることです。 できれば、言葉より行動で。 その心地よい時間を求め、『会いたい』って気持ちが大きくなり、 頻繁に連絡が来るようになるかもしれません。 ルーチン&会いたい! がコンボになれば、最強です。 まさに、理想的ですね。 男性の『点』の感覚がどんどん短くなり、そのうち線になっていく。 それが、結婚だったりするのでしょう。 それには、少し努力が必要だったりしますが、 大切な相手のことなら、頑張れそうですよね。 相手の性質を理解すれば、不安がる必要もあまりないです。 楽しんで、安心して、二人の『ちょうど良い』を探してみてくださいね。 *******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です