名曲シリーズ

『嘘をついてまで欲しい、幸せ』

名曲から紐解く~恋愛 『SPY ・槇原敬之』

この世にはたくさんの恋愛の曲があります。

 

時には背中を押してくれたり、時には寄り添ってくれたり。

素晴らしい力が美しい歌詞から伝わります。

 

数ある名曲の中から、サブリナが感銘を受けた曲をご紹介。

フレーズから、人間関係・恋愛を語っていきます。

 

今回は『SPY(スパイ)』です。

 

1994年8月25日に発売された槇原敬之の12枚目のシングル。

 

曲の内容は、

付き合っている彼女の浮気現場を偶然見ちゃった!

まじか!信じてたのに!信じてるのに!

いや~~~、誰か嘘だと言って~~~~~!

 

って曲かと。(え、違う??笑)

うん、私の解釈で行くんで、そこは流してくれい。

 

いや~、マッキーの奥深いフレーズにいつも感動をしている私です。

 

この曲でのナイスフレーズは、やはり

 

『嘘をついてまで欲しい、幸せが僕だったのかい?』

だと思います!(聞いたことない人は是非聞いてね)

 

この曲に出てくるシチュエーションは、割と日常的に起こることかな~と思っています。

かといって、キスシーンは決定的な場面だとは思いますが、、、

 

でも、異性と二人っきりで食事。や、プライベートで出かける。なんてことも。

反対に、彼が知らない女性と一緒のところを見ちゃった。。ってことも。

(女性の読者が多いので、女性目線で書いちゃってます。男性は変換して読んでね)

 

読んでる人の中には、

「え!彼氏がいるのに、違う男性と出かけません!」

「そんなことしたら浮気じゃん!」

って考えの方もみえると思います。

 

もちろん、その考えは世間的に言ったら正しいのだと思います。

 

ただ、

人の気持ちって、白と黒だけじゃない。

好意なんて誰にでも持てるし、ある日突然、気持ちに気づくことだってある。

正しいか正しくないか。で測れないこともあったりしますよね。

 

そこで、

理性!理性!浮気!浮気!

と、断罪するのは簡単ですが、そうしたところで、恋心が治るってわけではないのです。

 

ましてや、結婚していない二人ともなれば、責任ってものも希薄です。
どんなに攻めたところで、余計に心は離れていくでしょう。

 

もし、あなたが彼の変化に気付き、違う女性の影がちらついたら。

きっと不安で心が張り裂けそうでしょうね。

 

はっきりさせたくて、携帯を見てしまおうとか思ったり。そして、そんな自分に嫌悪したり。

 

でも、もし、彼のことを手放す気がないのなら、

 

『嘘をついてまで欲しい、幸せ』

 

をちょっと信じてみてはいかがでしょうか。

 

人によっては、

嘘をつくなんて許せない。ずるい。

何を信じるの??????イミフ!プンプン!

と感情的になるでしょう。

 

確かに、内緒で自分以外の人に会い、あなたと比べているのかもしれません。

 

ですが、最終的にあなたが選ばれればいいわけですよね。

「やっぱりこいつだ!」と思わせることができれば、より一層二人の関係は強固になります。
そこを目指してみるのはいかがでしょう。

 

彼の心が誰かに惹かれている。

このことを平気で俯瞰できる人は少ないでしょう。

でも、ここは

【彼がそのことを内緒にしている。】

ってところに目を向けよう!と思います。

 

そもそも、なぜ嘘をつくのか。。

それは、やはり悪いことをしているし、バレたら怒られる。責められる。だから内緒で楽しもう。ってことだと思うんです。

だったら行かなければいいのに!っていうツッコミは置いといて(笑)

 

興味本位ですよ、最初は。

もしかしたら、あわよくば。。なんて思っているかもしれません。(全く男ってやつは、、笑)

俺だってまだまだ。と確認しているのかもしれませんし。

きっとウキウキしているのでしょう。

ですが、それと同じくらい、ドキドキもしているはずです。

だって、バレたら『あなたを失うんですから』

 

そう、ここでなんとかして隠したいのは
『あなたを失いたくない』からです。

そこに注目!

 

姑息な嘘をついてでも、あなたとまだ別れたくはないのです。

心は揺れているけれど、あなたのことは大切で、傷つけたくなくて、泣かせたくなくて、好きなのは本当なのだと思うんです。

ね、そう考えると、

あなたはちゃんと愛されていますよね。

 

そんな新参者にかなわないような関係じゃない。と自信を持って堂々としていたらいいんだと思うんですよね。

こういう場合は。

 

とはいえ、

わいは、白黒はっきりつけるで~~~!

と言う方は、スッキリするまで不安をぶつけたらいいかと思います。

 

もし黒とわかれば、その上で考えればいいし、
彼が「何言ってんの?疑ってんの?信じろよ」と言うなら。。信じるしかありません。

ただ、彼は『信用されていない』という気持ちになるでしょうね。
二人に波風が立つことは覚悟したほうがよさそうです。

 

ほんと、人の気持ちって形がないだけに確認しづらいですよ。

自分にだってわからないことがほとんどだし、今日と明日で変わってしまうことも。

 

だからこそ、『今』を大事にして欲しい。

今、目の前にいる人を大切に思い、豊かな時間が重なれば、形のないものを信用できるようになるかもしれません。

 

ああ、マッキー。本当に深いわね。

こんなに文章書けちゃうくらい熱が入ってしまった。

 

最後に、この曲の結末。

多分別れちゃった!笑

 

こんだけ、書いといて本編それか~~~い!笑

 

はっきりとは描かれてないですが、

『いつか思い出して、嘘も見抜けないほど恋に落ちた役立たずのスパイを』

って歌詞があるんで、

「ダサいくらい愛してたやつがいたってこと思い出せよな」(んでもって後悔しろよ!←そうとは言ってない 笑)
ってことで、

 

二人は乗り越えられなかったんじゃないかな。。と私は思っています。

 

さすがにキスシーンは。。無理か。。

 

終盤の、

どうか信じさせて!

って歌詞がほんと切ない。

 

信じたいのに、信じられないのは苦しすぎますから。

 

この曲の主人公がどうか幸せになって欲しいと思う次第です。

 

と同時に、

できれば誰もこんな気持ちになって欲しくはないので、内緒で遊ぶのは止めませんがせめて完璧にバレないように。

それ以前に、
心がぐらつかない二人であって欲しいと切に願います。

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です