人生

私はブスだから。という言い訳。


最初から、諦めモードの人がいます。

「私はブスだから、男性に相手にしてもらえない。」

これに対して、何て言葉をかければいいのかと、悩んだことがあります。

かまってちゃんタイプの人が言っていたら、

「そんなことないよ~、可愛いよ」

と言ってもらうのを期待しての発言かもしれない。

そういう、『かまってちゃん』のような面倒な人が、心底面倒なので(笑)

「そうなんだ~~」で済ませてる。

そういう、自虐をフォローしてもらって、自分を満たす、パワー泥棒ではなくて、

本当に、そう思って落ち込んでいる人も中にはいて、

私が、言葉に迷うのはそういう人の場合。

どうしたら、男性に魅力が伝わるのか。その人がどう行動すればいいのか。

それを知りたくて「どうすればいい?」と聞いてくれたら答えは簡単。

「にっこり笑って、堂々としていたらいい。」

ニコニコしていて、親切で、しっかりした人のことを嫌う人はあまりいない。

自信があろうがなかろうが、相手のためにも、にっこり微笑んで気を使わせないよう気配りをしたほうが、しないよりは断然印象はいいに決まってる。

「私はブス」と卑下している人は、ブスはブスでも雰囲気がブスなんだと思う。

自信がないのがにじみ出ていて、「どうせ。。」なんていう卑屈な暗いオーラが人を寄せ付けないのだと思う。

食事に誘われたって、「私なんか申し訳なくて、、、」「結構です」なんて言われたら、始まるものも始まらない。

一緒にいる人を不快にする人こそが、ブス。だと思ってます。

相手に申し訳ない。なんてのは、謙虚なんじゃなくて『逃げ』てるだけ。

何から逃げてるかって、「彼氏が欲しいのに、うまくいかない現実」から。

「ブスだから~」って言ってれば、諦めもつくし、楽だから。

何の取り柄もない。なんて、自分が決めることでもないようなことを盾に、バリアを張って

傷つかないようにしてる。

美人と言われる人だって、傷つくことはたくさんあるし、そこそこの見栄え(失礼!)の人だって、女性らしくいるために努力している。

今、パートナーがいて幸せそうに見える人も、その前にたくさん泣いたのかもしれない。

綺麗な人だって、死ぬ気でダイエットしたのかもしれない。

表には見えないだけで、みんなそれなりに努力しているんですよね。

何の努力もせず、自信がないからといって、そこで諦めちゃってるなんてもったいない。

せっかく、「パートナーが欲しい」という気持ちがあるのに。

それなら、卑屈になってないで、ダメ元でいいじゃん、ちょっと努力してみて欲しいな。

例えば、小さなことでいい。

眉毛を揃えてみる。とか、口紅の色を変えるだけでもいい。

髪型変えたり、鮮やかな色のスカートを履いてみるとか。

愚痴や嫌味を言いたくなった時は、「ま、ほっとこ」って唱えてみるとか。

「どうせ。」って口癖をやめるとか。

些細な変化でも気づいてくれる人はいるし、何より自分が気分良く過ごせると思う。

そこからは、どんどん自分に興味が出てきて、自分が好きになって、自信がついてくる。

そしたら、もう、自分のこと「ブス」だなんて思わなくなりますよ。

そして、少し自信がつけば、最初に言ったように

「にっこり笑って、堂々とする」が自然にできるようになる。

魅力的になった証拠に、話しかけらるることが増えたり、頼まれること、頼りにされることもあるかも。

ちょっとづつ、人気者になってくれば男性だってほっとかないから、お誘いだって増えますよ。

行動しなければ今のまま、何にも変わらない。

諦めて、かっこつけてないで、素直に「彼氏が欲しい!」って言って。すっきりしますよ(笑)

未来の彼氏にふさわしい自分ってどんな女性かな?って想像してみて。

好きな人がいるなら、その人の隣を歩いて恥ずかしくない女性って、どんな人だろう?と研究してみたらいい。

すぐ、結果は出ないかもしれないけど、その努力は必ず自分を幸せにしてくれます。

どうですか?

最初はちょっとしたことから。でも行動すれば全く違う人生になっていくんです。

ワクワクしてきました?

もう、「私はブスだから」なんて言ってる暇ないですよ。

そんな時間があるなら、小さな一歩踏み出して欲しいと思います。

あなたの可能性に期待して欲しいです。

最初から、諦めモードの人がいます。

「私はブスだから、男性に相手にしてもらえない。」

これに対して、何て言葉をかければいいのかと、悩んだことがあります。

かまってちゃんタイプの人が言っていたら、

「そんなことないよ~、可愛いよ」

と言ってもらうのを期待しての発言かもしれない。

そういう、『かまってちゃん』のような面倒な人が、心底面倒なので(笑)

「そうなんだ~~」で済ませてる。

そういう、自虐をフォローしてもらって、自分を満たす、パワー泥棒ではなくて、

本当に、そう思って落ち込んでいる人も中にはいて、

私が、言葉に迷うのはそういう人の場合。

どうしたら、男性に魅力が伝わるのか。その人がどう行動すればいいのか。

それを知りたくて「どうすればいい?」と聞いてくれたら答えは簡単。

「にっこり笑って、堂々としていたらいい。」

ニコニコしていて、親切で、しっかりした人のことを嫌う人はあまりいない。

自信があろうがなかろうが、相手のためにも、にっこり微笑んで気を使わせないよう気配りをしたほうが、しないよりは断然印象はいいに決まってる。

「私はブス」と卑下している人は、ブスはブスでも雰囲気がブスなんだと思う。

自信がないのがにじみ出ていて、「どうせ。。」なんていう卑屈な暗いオーラが人を寄せ付けないのだと思う。

食事に誘われたって、「私なんか申し訳なくて、、、」「結構です」なんて言われたら、始まるものも始まらない。

一緒にいる人を不快にする人こそが、ブス。だと思ってます。

相手に申し訳ない。なんてのは、謙虚なんじゃなくて『逃げ』てるだけ。

何から逃げてるかって、「彼氏が欲しいのに、うまくいかない現実」から。

「ブスだから~」って言ってれば、諦めもつくし、楽だから。

何の取り柄もない。なんて、自分が決めることでもないようなことを盾に、バリアを張って

傷つかないようにしてる。

美人と言われる人だって、傷つくことはたくさんあるし、そこそこの見栄え(失礼!)の人だって、女性らしくいるために努力している。

今、パートナーがいて幸せそうに見える人も、その前にたくさん泣いたのかもしれない。

綺麗な人だって、死ぬ気でダイエットしたのかもしれない。

表には見えないだけで、みんなそれなりに努力しているんですよね。

何の努力もせず、自信がないからといって、そこで諦めちゃってるなんてもったいない。

せっかく、「パートナーが欲しい」という気持ちがあるのに。

それなら、卑屈になってないで、ダメ元でいいじゃん、ちょっと努力してみて欲しいな。

例えば、小さなことでいい。

眉毛を揃えてみる。とか、口紅の色を変えるだけでもいい。

髪型変えたり、鮮やかな色のスカートを履いてみるとか。

愚痴や嫌味を言いたくなった時は、「ま、ほっとこ」って唱えてみるとか。

「どうせ。」って口癖をやめるとか。

些細な変化でも気づいてくれる人はいるし、何より自分が気分良く過ごせると思う。

そこからは、どんどん自分に興味が出てきて、自分が好きになって、自信がついてくる。

そしたら、もう、自分のこと「ブス」だなんて思わなくなりますよ。

そして、少し自信がつけば、最初に言ったように

「にっこり笑って、堂々とする」が自然にできるようになる。

魅力的になった証拠に、話しかけらるることが増えたり、頼まれること、頼りにされることもあるかも。

ちょっとづつ、人気者になってくれば男性だってほっとかないから、お誘いだって増えますよ。

行動しなければ今のまま、何にも変わらない。

諦めて、かっこつけてないで、素直に「彼氏が欲しい!」って言って。すっきりしますよ(笑)

未来の彼氏にふさわしい自分ってどんな女性かな?って想像してみて。

好きな人がいるなら、その人の隣を歩いて恥ずかしくない女性って、どんな人だろう?と研究してみたらいい。

すぐ、結果は出ないかもしれないけど、その努力は必ず自分を幸せにしてくれます。

どうですか?

最初はちょっとしたことから。でも行動すれば全く違う人生になっていくんです。

ワクワクしてきました?

もう、「私はブスだから」なんて言ってる暇ないですよ。

そんな時間があるなら、小さな一歩踏み出して欲しいと思います。

あなたの可能性に期待して欲しいです。

 

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です