愛され上手は人生上手
行動や考え方を変えると、違う未来が見えてくる。
恋愛、結婚、人間関係の悩みを解決!『あなた』のための、相談型ブログ
ご相談『恋愛』

【職場恋愛】ラインをブロックされてしまいました。諦めた方がいいのでしょうか?

みえさんからのご相談

はじめまして。彼からラインブロックされて二ヶ月半が経ち、色々悩んでこちらのサイトに辿り着きました。
相談させてください。

私 41歳
彼 42歳

彼とは2年ほど前から職場で知り合いました。
最初は向こうからの好意を感じ、去年から話すようになり仲良くなりました。
お付き合いはしていません。

今年に入って、2回一緒にお茶に行きました。バレンタインチョコを渡した時は喜んでくれました。
3回目のお誘いをしたところ、親の事があるからと断られてしまいました。
彼のお母さんは昨年倒れ、今は車椅子生活をしているようです。
親を一人にさせるのがこわいと言っていました。親を大事にしたいと。

職場でもあまり接点がなかったので、私は彼によくラインを送っていました。
段々と返信がそっけない感じになっていきましたが、すぐに返信はしてくれていました。

始めに聞いておけばよかったのですが、ラインで「彼女はいるの?」と聞いたところ「いるよ」と返信が。
今まで彼女の話はした事がなかったし、休日は1人で過ごしているようなので、多分嘘だと思います。
私の見解なのですが、両想いだと思っていたのに、彼女はいるのと聞かれて、自分のこと友達だと思っていると勘違いしたのかなと思います。

その時の私はショックで「なんで言ってくれなかったの?」とラインで彼を責めてしまいました。
私の事をどう思ってるの?と聞くと「友達だと思ってる」と。その流れで彼に告白をしてしまいました。
でも彼は「ありがとう。でも付き合うことは出来ない」と言われてしまいました。

そのあとラインのやり取りがギクシャクしてしまいました。
そして月末に私の職場の人がその彼から「本社に異動になるから皆さんに」とお菓子をもらったそうで、、
どうしてその事を、私に言ってくれなかったんだろうとショックでした。
ラインしてくれればいいのに。
そして4月には彼は本社に異動になりました。

異動の初日に「初日お疲れ様でした。本社の仕事頑張ってください」とラインを送りました。
彼から「ありがとう。頑張ります。」と返信が来ました。
「落ち着いたらお茶に行きましょうね」と送ったら1週間未読でした。

1週間既読にならないことに不安になり、また「1週間お疲れ様でした。本社の仕事、少し慣れてきましたか?」と送り、
返信が来ないので2時間後に「お茶に誘って困らせてごめんなさい。もう無理に誘ったりしないですよ」と送りました。
既読が付かないので、確認したら次の日にブロックされてました。

4月下旬、私の職場に彼が仕事で来ていました。
偶然、廊下でばったり会った時、挨拶もせず行ってしまいました。彼は私に気づいていたと思います。
そのあと私は接客業なので現場に出ていたら、彼が私の方を立ち止まって見ていました。
何でブロックしているのに、私の事を見るんだろう。嫌われてはいないのかなと思ってしまいます。

5月下旬にショートメールで「元気ですか?心配してます」と送りましたが、返信はなしです。

異動になったばかりで、色々と大変で私の事を考える余裕がなくてブロックしたのかなと思いますが、やっぱりブロックはショックです。
2ヶ月半もブロックしたままなので、このまま連絡が来ないのかなと思います。諦めた方がいいのかな。

以前のように連絡が取れるようになって、彼とお付き合いがしたいです。

話が長くなってしまいましたが、相談にのっていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

みえさんの相談にお答えします

みえさん。ご相談いただきありがとうございます。

ご返信に時間がかかってしまったこと、申し訳なく思っております。

彼とのその後はいかがでしょうか?
ご相談の時とは状況が変わっているかもしれませんが、この時のみえさんに返信させてください。

お付き合いはされていない。とのことで、恋の始まりの(さらに)予感。といった感じですね。
これから彼とより深く関わり合いになれそう、、と思った矢先に彼からそっけなくされてしまった。
ショックでしたね。

しかし、
このご相談を拝見した私の感想としては、

自然な流れ

のように感じました。

小さな勘違い

みえさんが彼の行動を疑問に感じ、そして裏切られたような気持ちになり、ショックを受けてしまったのは、みえさんの勘違いが原因だと考えます。

その勘違いした部分を置き換えると、彼の行動に納得がいくと思いますので、もう少しお付き合いください。

さて、
みえさんが勘違いした部分とは、どこだろう?

それはズバリ、

私の見解なのですが、両想いだと思っていたのに、彼女はいるのと聞かれて、自分のこと友達だと思っていると勘違いしたのかなと思います。

この部分。

みえさんは、彼と自分が同じ気持ちで、お互いに恋人になりたいと思っている。
そんなふうに感じていたのですよね。

しかし、その後の彼の行動から、おそらく彼の気持ちは違ったのだと思います。

きっと彼は、みえさんの事を
『親切な知り合い』
程度に感じていたのではないでしょうか。

そう考えると、彼の行動に納得がいきますよね。

彼の気持ちを想像してみましょう

理解しやすいように、彼をみえさん、みえさんをみえさんに好意を持つ男性。仮にAさんとしましょう。(彼=みえさん。みえさん=Aさん。)

・・・・・・・・・・・・

みえさんは、顔見知りで親切そうなAさんとお茶をすることになりました。
Aさんは会社も一緒でしたが、二人で話すのは初めて。
思ったよりも話しやすく、会話が弾みました。
その後、
Aさんから再びお茶に誘われ、その時にちょっとしたプレゼントを渡されました。

みえさんは少し戸惑いました。
Aさんは良い人で、職場も一緒なので仲良くはしたいけれど、特別な感情は湧いてこない。
なのに、プレゼントを頂いてしまった。『もしかして、、私に好意を寄せてくれているのかな?』でも、私にはそれに応えることはできない、、

みえさんは、複雑な思いはあったものの、気まずくなるのも嫌だったので、笑顔でプレゼントを受け取り、お礼を言いました。

みえさんはAさんについて考えます。

彼の好意に気がついてしまったけれど、自分には気持ちがない、、
今後は、彼に勘違いをさせるような好意をするのは控え、『同僚として』接することにしよう。
自分の言動に気をつけ、Aさんと接するときは気をつけよう。

みえさんはそう思いました。

彼の変化は軌道修正

Aさんが再び、「お茶しませんか?」と誘ってきました。
前回の反省から、みえさんは断ることにしました。
でも、断るうまい理由が思いつきません。それでも、告白もされていないのに、
「あなたの気持ちに応えることはできません」などと言うのはおかしいし、、
とりあえず、家庭の事情ということにして、二人で会うのを回避しよう。

そして、みえさんは彼の誘いを断りました。

Aさんと二人で会うことはなかったものの、ラインが頻繁にくるようになりました。
Aさんの好意がだんだん苦しくなってきます。
(あなたの気持ちには答えられないんです。わかってください。)
それでも、気まずくならないために、返信は必ずしていました

しかし、相手のテンションは高くなるばかり、、
どうしたら、『同僚として』うまくやっていけるのだろう、、
ラインの返信一つとっても、不用意な事を送れません。
次第に返信することに疲れ、悪いとは思いながらも、内容もそっけなくなっていきました。

すると、Aさんが
「もしかして、彼氏がいるの?」と尋ねてきました。

みえさんには彼氏はいませんでしたが、彼がいると言えばAさんの気持ちが収束するかもしれない。
それが最適な答えかもしれない!と思い、Aさんに「いますよ」と返信しました。

すると、
Aさんは、怒りをあらわにし、みえさんに対し「なぜ初めからそう言わないんだ!」と責めるような発言をしてきます。
さらには、
「僕は君が好きなのに!」「君は同じ気持ちじゃなかったの?」と。

みえさんは、今まで事を荒立てたくなかったので、彼を傷つけるような事を言わずに
なんとか行動でわかってほしいと考えていました。
ラインの返信も、神経をすり減らしながら、それでも礼儀として返信を。と思い、
頑張って返していたのに。

こちらの気持も知らないで!なぜ私が責められなければいけないのだ!
と腹が立ちます。

Aさんには、正直に「友人だと思っていました」と答えました。

気持ちは伝えたけれど、、

みえさんが望んだように、Aさんに察してもらうことはできませんでした。
残念ながら、Aさんが傷つき怒ってしまいました。
それでも、気持ちをはっきり伝えたことで、今後『同僚として』仲良くしていければいいな。と、みえさんは、少し気持ちが軽くなりました。

その後、
みえさんは移動となり、Aさんと顔を合わすことが少なくなりました。

移動後、「初日お疲れ様でした。本社の仕事頑張ってください」とメッセージが届きました。
少し迷ったけれど、自分の気持ちは伝えたし、同僚としての言葉だと感じたので、返信をしました。

しかし、その後もAさんからは連絡がきます。
みえさんは、この間のメッセージに返信してしまったことを少し後悔しました。
Aさんと、『同僚として』なら仲良くしたいのに、、、、
自分が反応することで、Aさんの気持ちに火がついてしまってはいけない。
また、再度Aさんを傷つけるかもしれないし、自分も苦しい思いをしそう。

みえさんはAさんに対して
ちょっと失礼かもしれないけれど、距離を置くためにブロックさせてもらおう。
Aさんには申し訳ないけれど、『同僚として』の関係をこれ以上崩さないためにも、
距離を置かせてもらおう。
そんな気持ちで、一見冷たいように思える行動を思い切って選択しました。

・・・・・・・・・・

彼の行動の真相と、彼の願い

いかがでしょうか?

彼への気持ちへの整理をつけるためにも、彼の気持ちになって客観的に自分の行動を振り返ってみてください。
その上で、今後どうやって彼に接するのが、彼にとって自分にとってベストなのかを考えましょう。

みえさんは彼の気持ちに振り回されたと、ショックを受けているかもしれませんし、
彼に対して裏切られたという感情があるかもしれません。

でも、私には、全ての行動は彼の『優しさ』からきていると感じます。

みえさんが傷つかないように、職場でもいい関係が築けるようにと、気を配ってくれていたのではないかな。
その点に関しては、ほんの少しでもいいので感謝ができるといいな。と思います。

さて、
みえさんの望みとしては、

彼とお付き合いする。ことです。

残念ながら、今の彼の気持ちとしては、みえさんを『同僚として』しかみていません。
恋愛感情は0です。

ここから特別な関係に持っていくには相当な時間、体力、気力が必要になってきます。
私としては、
新たに恋を始めた方が、みえさんの未来は楽しいものになると思うのですが、、

人生のチャレンジ

もし、ダメもとで挑戦する!
というのであれば、道がないわけでもありません。

出発点は、彼が望む距離『同僚』のポジションを守ること。
それ以上彼に近づかず、『同僚』として、良い関係を築くことです。
まず、そこがスタートラインです。

みえさんの気持ちは封印し、彼に恋心を悟られてはいけません。
みえさんの恋心は今の彼には恐怖でしかありません。
受け入れられない感情は押し付けになります。優しい人ほど苦しみます。

彼に対して、今は何もすることはありません。
ただ、『同僚』として、同じ会社で切磋琢磨し、彼に恥ずかしくないように仕事をしましょう
彼が聞く、みえさんの噂話がポジティブなものであるためには、きちんと仕事をすることが一番です。
(人の噂話は、自分の言葉以上に信用されることがあります)

さらには、
恋もしちゃいましょう
彼だけに目を向けていても苦しいだけです。
彼のことは頭の片隅に置いておいて、経験値を上げるのです。

今回のちょっとした勘違いは、たくさん恋愛をしてきた人であれば、なんとなく感じ取れる感情です。
みえさんはもっと人の感情に触れることが必要。それには恋愛が一番手っ取り早いのです。

そして、今よりももっと自分を向上させるために何か始めてください。
これから10年続けられるようなもの。趣味でも運動でも、習い事でも。

そこまですると、数年後
今のみえさんとは違う、新しいみえさんが誕生します。

ステップアップは幸せへの近道

今のみえさんを彼は好きになりません。
でも、新しいみえさんさんなら、彼が好きになる可能性はあります。

彼とお付き合いしようと思ったら、別人になるしかないのです。
そのために、いますぐ行動してみてください。

人間として信頼され、彼が『一緒にいたい!』と感じれば、彼の方から寄ってきます。
連絡だって、彼の方からしてきます。

それまで、みえさんは自分の人生を一生懸命生きることです。

彼と絶対付き合える!とは残念ながら言えませんが、自分を変える努力をしたみえさんが不幸になることはありません。

せっかくご相談いただきましたので、この機会にみえさんの人生がより良くなるように行動してみてください。

ちょっと、相談の答えとしてはとっ散らかってしまいましたが、
何か感じ取っていただければ嬉しいです。

頑張ってくださいね。

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。