愛され上手は人生上手
行動や考え方を変えると、違う未来が見えてくる。
恋愛、結婚、人間関係の悩みを解決!『あなた』のための、相談型ブログ
ご相談『恋愛』

【仕事が理由で未読無視?】彼とお付き合いしたい。

らんさんからのご相談

私33歳、彼34歳
私会社員、彼メーカー勤務
現状は未読無視されています。
希望としては、彼と交際したいです。

8月半ばにアプリで知り合った人と初めて会いました。会うまでは2ヶ月位やり取りをしていました。
会ったその日に、前向きな話をしてくれたのですが、照れてしまって少しはぐらかしてしまいました。
それでも、ゆっくり進みたいな。というような話をしたら、うんと言ってくれました。

その日は、またねといって別れた後、『今日はありがとう。楽しかったよ。』とLINEをくれ、しばらく変わりないやり取りをしていました。

1週間くらいした頃、突然未読になりました。
1日連絡ないことはないかったので不安になり、『大丈夫?未読って体調不良?心配です。』のような連絡をすると既読がつきましたが返信なし。
既読がついたので『無事で良かった』とLINEすると、

ちょっと今週来週は忙しいくて連絡できなくてごめんね。自分の心を平穏に保つために少し1人の時間をもらえるとありがたい。
急ぎの用があれば時間つくります。

ときました。

その後長い未読の末、既読スルーとなり、既読ついたし落ち着いた頃だな!と思い、『まだ忙しいのー?話ができるとうれしいな。』とおくると、『ズルズルと落ち着かない毎日です。話?いつが良いですか?』と冷たい敬語の内容で返事。

驚いてしまい、『またにするね。週末はゆっくり休んでね。』とLINEするも、1ヶ月半未読です。

彼を信じているし私も忙しいのであまり悲しまず待っていますが、よく考えると浅い関係なので、自然消滅になるのかなと不安です。
とゆうより、待っていていいのかな?とか…

3ヶ月は待とうと思いながら、それでもイルミネーションがきれいな中歩くカップルを見ると、羨ましくてさみしいです。

彼は大丈夫と思いながら、もしも、、、も邪魔していて辛いです。なぜ既読つけないんでしょうか?関わりたくない、察してくれ、でしょうか?

らんさんの相談にお答えします

らんさん。ご相談いただきまして、ありがとうございます。

ご返信までお時間がかかってしまいごめんなさい。
その後、彼からの連絡はありましたでしょうか?

既にお気持ちに変化があったとは思いますがご返信させてください。

この時点からできること

ご相談内容から感じるのは、

お二人の温度差

です。

らんさんのテンションが高いのに比べ、それに比例するように彼のテンションが下がっていく。そんな雰囲気を感じました。

彼の気持ちや真意はわかりませんが、彼の言葉からは気持ちの距離が伝わります。

らんさんに対して敬語を使うあたり、『自分のフィールド内には入って欲しくない』という意志を感じます。

彼の気持ちが変化してしまうまでに色々な過程があったとは思うのですが、未読無視をするほどまでになると、関係が浅い分フェイドアウトの可能性が高い。と言わざるを得ません。

彼に対しては、らんさんからの連絡はせず、期間を決めて様子をみる
私的にはそれがベストのように思います。

これ以上連絡すれば余計に心が離れていくので、ここまででとどめておきましょう。
この先、彼の心に変化があれば連絡がくる可能性は0ではありません。
まずは彼の嫌がっていることを止める。これが大事だと思います。

彼と付き合う可能性があるとすれば、彼が自ら連絡をくれた時。
そこが出発点になるでしょう。

待つなら期限を決めて

らんさんにとっては、
自分のが嫌だなんて、、とショックを受けるかもしれません。
ただ、今の時点では原因が彼の環境にあるのか、らんさんにあるのかはわからない。
待つしかないんですよね。

とはいえ、
期限、期間がわからない。もしかしたら彼から連絡が来ることはないかもしれない。
それなのに、いつまでも彼に執着していても時間がもったいない
なので、『期限を決めて』とお伝えしました。

私的には3ヶ月待っても連絡がないなら、次の恋にシフトチェンジしてもいいと思います。
でも、こればっかりは らんさんが決めること。
ご自身の心に寄り添って、納得いくまで待ってもいいんです。
待ちつつ新たな出会いを探したっていいんですから。

パーソナルスペースについて

ここからは、今後のらんさんについてお話しさせてください。

ご相談を拝見し、らんさんは『素直で人と心を通わせることが自然にできる人。』
そんな印象を受けました。
一言で言えば『人懐っこい』人。
きっと可愛らしくキュートな方なのでしょうね。

今回の彼がどんな方なのかはわかりませんが、彼は らんさんが怖かったのかもしれませんね。
怖い。なんていうとネガティブに思うかもしれませんがそう単純なものではありません。

パーソナルスペースって聞いたことありませんか?
家族、友人、恋人それぞれに許容できる範囲があります。
それと一緒で関わり方も関係性によって許容範囲があるのです。

ややこしいのが、はっきりとした決まりはなくて人それぞれに違うってこと。
自分の思う距離感よりも近いと、不快感や不安を感じます。

でも、これって今まで違う環境で過ごしてきた人同士では仕方ないこと。
そういう距離感の相違はよくあることなんですよね。

人同士お付き合いを円滑にしていくには、そういう相違を擦り合わせることが大切です。

ちょっとだけ私の話をさせていただきたいのですが、
私はパーソナルスペースが『狭い』と思っています。
女性でも男性でも『なれなれしいな』と感じることが多いのです。
(なんだか心が狭いようで恥ずかしいです)
でも、その相手のことが嫌いってわけではありません。
少しづつ近づいてもらえれば大丈夫なんです。
自分のこと、相手のことをお互いに知っていくにつれて徐々に、、みたいな感じ。

もうちょっと言うと、
あまり自分のことを知らないにも関わらず、褒められたりすると物凄く怖がります。笑
なんだか他に目的があるような気がして素直に喜びません。
(ひねくれ者ですみません汗)

相手が近づきすぎ!と感じると、それとなくサインを出します。
それこそ、彼のように『敬語』を使ったり反応を薄くしたりして、こちらから距離を離します。
それに気がついて、相手が自分に合わせてくれると、安心して心地よくなり「もう少し近づいてもいいかな」と思うのです。

相手が急に冷たくなったなと感じた時は、そういう思いからかもしれません。
もし今後そういうことがあったら思い出してもらえると嬉しいです。

女盛りの30代。楽しく明るくいきましょう!
応援していますよ。

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です