恋愛、生き方エッセンス

『復縁』を成功させるために

前回、前々回と、『復縁』に関しての記事を書きました。 別れの潔さが復縁につながる 復縁チャレンジ 長くなったので分けたのですが、まだ書き足りなくて、、笑 今回は、女性に向けて書いています。 『復縁チャレンジ』を楽しみながらやってみて、彼とまた食事やデートに 行けるようになってきたら。 ここからは、 恋愛のプロセスとほぼ一緒なので、割愛でもいいかな〜と、思ったのですが、 一点、注意しなければ『復縁』が成功しない事があるので、 心にとめておいてほしいのです。 それは、 うやむやな状態で、体の関係をもたない。 これは、徹底してほしいのです。 以前お付き合いをしていた事実があるために、関係が深くなるのが 普通の恋愛よりも簡単で、気軽です。 もちろん、以前の関係が取り戻せた。と感じたならば、そういうことも 自然なのかもしれません。 ですが、 人間は楽な方に流れてしまうこともあります。 男性からしてみれば、責任を負うことは、ストレスです。 付き合うという事は、責任が生じますし制限も生まれます。 できれば、そんなこと考えずに快楽を求めたい。と思うのは自然とも言えます。 それに、自分の事をよく知る女性が優しくなって目の前にいる。 ついつい甘えてしまう。なんてことだって。 ここで、関係がはっきりしないまま受け入れてしまうと、せっかく以前のように 会える関係になったのに、『復縁』は遠のいてしまいます。 一度受け入れてしまえば、都合のいい関係になり、都合のいい女として 扱われるかもしれません。 こうなってしまうと、彼女になることが難しくなってしまいます。 簡単に手に入ったものを男性は大切に扱いませんし、責任など感じません。 こういった事は、復縁でなくても普通の恋愛においても起こりますが、 復縁のプロセスでは、より起こりやすいのです。 では、どうすればいいか。 これは、普通に始まった恋愛と一緒。 相手からの「付き合おう」という言葉を聞くまで、体の関係を もたないことです。 なかには、体の関係=付き合う という考え方の人もいます。 でも、そうじゃない人も、たくさんいるのです。 ですから、きちんと確認し、相手が曖昧な態度を取るようでしたら、 そういうことはしない。 その場の感情に流されたり、『断ったら嫌われるかも』と、許してしまうと 一瞬はいいのかもしれませんが、長い目で見たらリスクが大きいのです。 二人の関係がはっきりしないうちは、友人として楽しく付き合ったらいいのです。 その延長線に、恋愛感情が生まれれば『復縁』は成し遂げられます。 もし、元彼が復縁を口にせずに関係をせまってきたら、毅然と断った方が あなたの価値は上がります。 簡単に手に入らない存在。だから、自分は努力しなければならない。 そういう存在だからこそ、大切にされるのです。 それでも、何度も都合のいい関係を相手が要求するのなら、 もう、その相手との復縁は諦めるのが妥当です。 彼は、あなたを彼女にするつもりは無いようです。 残念ですが、『復縁』は考えず、お付き合いをするか、もう会わない。 そうするしか、自分を守れませんのでね。 自分を貶めるような事はしないように、ぜひ気をつけて欲しいと思います。 長々と書いてきた『復縁』シリーズ。 いかがでしたか? 再三言っていますが、 おすすめしません!笑 復縁したい。と願う気持ちは執着です。 執着は強ければ強いほど、その対象が手に入りにくく、 望めば望むほど叶いません。 どれだけ、執着をなくすか?が鍵ですが、そもそも執着がなくなれば 『復縁』そのものは必要もありません。 一番理想の復縁とは、 別れてしまった二人が、それぞれ共に成長し、再会し 新たな二人として、また恋愛をスタートさせる。 これが本当の『復縁』なのです。 執着をなくし、別れを受け入れ、過去の失敗を反省し、成長したとき 『今』の自分にふさわしい相手がパートナーとなります。 それが、たまたま元彼だっただけ。 それを本来『復縁』というのです。 自然の流れの中で近づいたり離れたりしながら、人間関係は移り変わります。 流れに逆らわず、流れに乗って行くのは力を入れる必要もなくスムーズ。 なのに対して、 『復縁』するぞ!と意気込み、なんとかしようと躍起になるのは、流れに逆らうようなもの。 とてつもなく体力や、努力(ここでは、感情のコントロール)が必要。 しかも、 うまくいく確率は3分の1もありません。 私のように、人間観察のようなつもりでチャレンジするくらいでちょうどいいのです。 『うまくいったらラッキー!』 そう思えるくらいの軽やかさで、挑戦するのがおすすめです。 *******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です