人生

自分のパートナーを魅力的にする方法

パートナーを紹介するとき、どんな風に紹介していますか?

 

どなたかに紹介するってことは、パートナーは大切な存在。ってことだとは思うのですが、

日本人ってどうも恥ずかしがり屋。

 

「お酒ばっか飲んで、どうしようもない亭主です。笑」

「全然、家事を協力してくれなくて、困っちゃう」

「太っちゃって、、詐欺だよ(笑)」

 

なんて、謙遜してパートナーを貶めるようなこと言っていませんか?

もちろん、本気ではないことはわかってますよ。

 

一方、言われた方は、

「また、そんなご謙遜を。」などと、言ってくれるかもしれませんが、少なからず信じてしまいます。

 

あら、だらしない人なのかな?なんて、思われかねないのですよ。

 

 

それに、

パートナーからそんなこと言われるなんて、尊敬できないな。。

と、感覚的に思われてしまう可能性だってあります。

 

 

大好きなパートナーのこと、そんな風に思われたら悔しいじゃないですか。

友人や知り合いに、『素敵な人』って感じて欲しいじゃないですか。

 

 

今度、パートナーを紹介する機会があったら、試しに『褒めて』みてください

なかなか良い効果がありますよ。(実践済みです)

 

 

例えば、

「私の旦那はとても物静かなんだけど、いざという時は頼りになるんだよね。感謝してるんだ~。」

「今の彼、わんぱく坊主みたいでハラハラするんだけど、一緒にいると楽しくてさ~。」

みたいに。

 

聞いた相手はキョトンとするかもしれませんね。

いいのいいの。気にしない。

 

堂々としててください。

 

そうしたら、お相手は、冷やかして、

「仲がよろしいのね~、羨ましいわ」なんて言ってくれます。

(この時、ちょっぴり皮肉がこもっていることもありますが(笑)素直に受け止めましょう)

 

あなたは、

「ありがとう」とにっこりしていればいいんです。

 

 

不思議なことかもしれませんが、これだけでパートナーの評価ってぐんと上がりますよ。

 

目の前のこの人を幸せにしている素晴らしい人なんだ。

っていう、フィルターがかかって、なんだか素敵な人に思えてくるもんです。

 

 

 

できれば、本人がいても『褒めて』欲しいですね。

第三者に評価されますと、自己肯定感はぐんぐん上がります。

 

パートナーは「照れくさいからやめてよ」なんて言うかもしれませんが、まんざらでもないはずです。(笑)

 

 

私の話ではありますが、、

両親がこんなタイプでして。

 

決して出来のよくない娘(私のことね)なのですが、他人に紹介するときは

「優しくて、頑張り屋」とか、「友達が多くて人気者」とか、「読書好きなお利口さん」などと、じゃんじゃん褒めて紹介するのです。
その度、自分が誇らしく思えて嬉しかったですし、大切にされているという気持ちにもなりました。

 

その言葉に沿おうと、寄せて行ったこともあります(笑)

これが、さらなる効果!

 

褒められると、「え!自分ってそう思われていたの?」と、寄せちゃうんです(笑)

「忙しいのに、手伝ってくれて、ありがたいよ~」って言われたら、もっと手伝おう。感謝に応えようと、行動が『忙しいのに手伝ってくれる人』になってくるんです。

 

「口数は少ないけど、頼りになるんだよね~」って言われたら、いざって時は力を目一杯出してくれるようになるんです。

 

全くかけ離れたことを言っては『いやみ』になってしまうので、パートナーの良い部分を日頃から見つけておくといいですよ。

 

 

こんな風に、ちょっとあなたが行動を変えるだけで、幸せの香りが漂うような出来事が起こるかもしれません。

試しに、チャレンジしてみませんか?

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です