ご相談『恋愛』

【ご相談】別れの言葉だったんでしょうか?

たぴさんからのご相談

サブリナさん、こんにちは。何度も相談をさせていただいていますが、ほかに相談できる人もいないので、また相談に来てしまいました。

以前から相談させていただいた彼のこと、相変わらず職場の状況が改善されず、休職することになったと連絡が来ました。その連絡と同時に、『話すのもLINEも辛いからそっとしてほしい』とLINEが来ました。
いろいろ聞きたい気持ちをぐっと抑え、報告してくれたお礼と『話したくなったらいつでも連絡して』という内容の返事をし、それからは何も連絡してません。

やっと休職できて、彼のメンタルが回復するきっかけになるのではという希望が見えてきて、回復して連絡をくれるまで待とうと思うポジティブな気持ちと、
『そっとしてほしい』という言葉は、実は別れの言葉なのではないかと思うネガティブな気持ちもあります。
思い返すと、
去年9月に『からにこもる』からの『考えたくない』
去年11月に『会いたいかどうか考えられない』
今年4月に『お金を使うことは何もできない』
そして、今回の『そっとしてほしい』
これら全ての言葉が、私が鈍感で気が付いていないだけで、全て彼が発した別れの言葉だったのではないかと。

彼は、『別れる』とは言っていない。
これを都合よく受け取ると、彼は私と別れるつもりはないから『別れる』とは言ってない。うつ状態で今はそれどころではないけれど、別れるとは思ってないのか。

悪く解釈すると、別れたいけどはっきり言えずに何度となく遠回しに別れの言葉を発していたのではないか。

でも、いくらなんでも、2〜3回遠回しに別れの言葉を言って伝わらなければ、はっきり『別れよう』というのではないかなどと思ってみたり。

『そっとしてほしい』はいつまでそっとすればいいのでしょうか?
彼から連絡が来るまで?
彼が復職するまで?
2か月くらい?
それとも別れの言葉だからもう2度と連絡するなってこと?

前回、サブリナさんに、『彼を信じてみませんか?』と回答をいただきました。
私は彼を信じたい。だったら信じればいいと思うのですが、手放しで信じることができません。

彼の私を突き放すような言葉は、
別れの言葉だったのでしょうか?
サブリナさんの意見をお聞かせいただければと思います。

たぴさんの相談にお答えします

たぴさん。
ご相談いただき、ありがとうございます。

何度か、ご相談をいただいていましたが、なかなか返すことができず申し訳ございません。

前回のご相談も拝見し、今回のご相談と合わせて回答させてください。
もしかしたら、すでに たぴさんの答えは出ているかもしれませんが、読んでいただけると幸いです。

まず、ご相談の

彼の私を突き放すような言葉は、
別れの言葉だったのでしょうか?

についてですが、

私の考えとしては、
『別れ』ではなく、『手放してほしい』ということではないかと思います。

たぴさんにとっては苦しいお話になるかもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。

手を離す時が来たのかもしれません

彼の言葉を考えると、
何も期待しないでほしい。と訴えているようです。
「僕は君に何もしてあげられない。」「情けない僕を手放してほしい。」と言っているのではないでしょうか。

「別れてほしい」に近いのかもしれませんが、少しニュアンスが違うのかな。

以前にもお話ししたと思うのですが、
彼は自信を喪失し、たぴさんを幸せにできないと感じ、さらに、期待されることがストレスになっているのでしょう。
前に、
『彼を信じましょう』とお伝えしました。
その後、彼からの連絡があったとのことで、彼は二人の関係を放り出しはしませんでした。
彼の心境にも波があり、コンディションの良い時悪い時を繰り返しているのでしょうね。

たぴさんの気持ちとしては、さらなる彼の回復を期待しているのだと思います。
しかし、、
彼は、自分のことを諦めて欲しいみたいです。

もう何も期待しないで欲しい

これが今の彼の心情で、さらに、

たぴさんと関わることを拒んでいます。

今まで、彼に必死になって寄り添ってきた、たぴさんの気持ちを考えると、とっても言いにくいのですが、

もう、彼を手放してもいいのではないかな?

彼をずっと待っていたたぴさんからすれば、「今さら。。」と思うでしょう。
でも、
今こそ、手放す時だと思うのです。

そろそろ前に進みましょう

たぴさんは、彼に十分尽くしました。
長い時間をかけて、彼の心をほぐす努力もしてきました。

しかし、彼がそれを受け入れませんでした。

残念ながら、それが結果です。

たぴさんの気持ち次第では、このままさらに時間を重ねることもできます。
彼がはっきりとした『別れ』を口にしない限り、付き合いは続いている。と言えるでしょう。

でもね。
私としては、もうお互いに楽になってもいいんじゃないかな。と思うんです。

彼はともかく、たぴさんの貴重な時間を、『待つ』ということに使って欲しくないのです。
待っている間は、停滞した状態です。何の成長も進展もないのです。
そろそろ、前に進んでもいい時期です。

彼のことを好きなのは、十分に理解した上で、二人の今後のために『別れ』を選んでもいい。
むしろ、解放されるのはたぴさんの方だと思います。

たぴさんのように、相手の気持ちを考えて、寄り添う努力ができる人はなかなかいません。
そんな優しい人が、苦しみの中にいることは、私としては悲しいです。

彼とのことは、全力で頑張ったんだから『仕方ないこと』として過去に。
今からは、彼を待つことで得た
相手を信じる力で、彼ではない誰かを幸せにして欲しいと思います。

たぴさんの優しさと包容力を求めている人が必ずいます。
たぴさんの気持ちは、そういう人に向けられるべきです。

気がついているのではないですか?
自分の居場所はここではないことに。
そろそろ動き出す時です。

人間関係は流れに任せた方が幸せ

おまけ。

今回、『別れ』という提案をさせていただきました。

今まで悩み頑張ってきたたぴさんを知っているからこその回答でしたが、たぴさんにとっては
納得のいかない回答だったかもしれません。

私としては、彼を乗り越えて、さらなる幸せをつかんでほしいのが本音ですが、ちょっぴり彼とのことにも触れたいと思います。

別れ。と聞くと、関係が終わるような気がするかもしれません。
しかし、人間関係とは、そんなに簡単なものではありません。

関わりのあった相手とは、近づいたり離れたりを繰り返すものです。

今、彼とは残念ながら、大きく離れつつあるものの、タイミングや時間の流れの中で、また近くこともあります。
あまり期待を持って欲しくはありませんが、長い時間の経過の中で関係性が変わっていくこともあります。

彼氏が友人に、友人が知人に、知人が家族に、、
そんな風に、一定の関係で終わるものではないのです。

今、彼とのことに苦しさを感じているのなら、離れるのが賢明です。
家族、友人、同僚とだって自分が傷つけられたり気持ちが苦しくなったりする相手とは
距離を置きますよね。それと一緒です。

そのまま疎遠になる人もいれば、立場や状況が変わることで気持ち良く付き合えることもある。
そういうことです。

ただ、その可能性を妨げないためにも、離れぎわは肝心です。
なるべく嫌な印象を与えないように、そっと、さらっと離れることです。
『余韻を残す』ことが大切なのです。

彼との今後は、どうなるかわかりません。
たぴさんがどんな決断をすのかはわかりませんが、心穏やかに、笑顔で日々を過ごせるように祈っています。

幸せになりましょう。
応援しています。


サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です