恋愛

不正解の恋

『不正解』と、タイトルつけちゃいましたが、 恋に、いいも悪いもありません。 恋とは、するもんじゃなくて、落ちるもの。 自然現象といってもいいくらいかもしれませんね。 では、何が『不正解』か。 恋している自分が、とっても不安定な場合。 その恋は、あなたにとって不正解になる可能性があるかもしれません。 その状態で、続けている事が『不正解』 健全ではない。そんな恋をしているのかも。 激しく恋に落ち、穏やかに愛を育む。 そうやって、2人の仲は深まっていく。 恋愛って、いいものですね。 見つめ合っていた二人が、お互い同じものを見つめ歩き出す。 そんなイメージが恋愛。 二人のバランスがいいと、スムーズに移行していくことでしょう。 ですが、バランスが悪い場合。 どちらかが、背中を見つめ追いかけることになります。 そんな時、背中を見ている方は、不安で落ち着きません。 いつまでも見つめ合っていたいのに、まだ見つめ足りないのに、 相手が自分から目をはなし、違うところに視線を送り始めた。 そうなると、相手の気持ちに安心できていない方は不安から 相手に確認や、制限をしたりするようになるのです。 あなたは、こんな経験ありませんか? もっと具体的にお話しましょうか。 あなたが女性だとして。 ある男性と出会い、最初はそんなに気にもしていなかった。 でも、相手の猛烈アピールでだんだん自分も好感をもつように。 いつしか、相手のペースに押され、お付き合いする事に。 この時は、相手の気持ちが手に取るようにわかり、愛情が注ぎ込まれている ことが信じられました。 幸せな気持ちで、どんどん彼の事が好きになっていきました。 数ヶ月、いろいろなところに出かけ、一緒に体験し、 二人の思い出も少しづつ増えてきた。 自分の人生に彼が加わる感じ。 毎日、連絡をとり、繋がっている感覚が嬉しい。 何を見ても、優しい気持ちになり、友人にものろけちゃう。 ウキウキして、つい微笑んでしまう。 ** 恋って素敵ですよね〜 どんな美容液にも勝る美しさの源。 この時の女性は本当に綺麗。 オーラが違うっていうか、肌のツヤもピカピカです。 愛されている。愛されまくっている。 女性の幸せは、まさに愛される事。といってもいいくらい、 幸せな時期。 ですが、このキラキラした時期は長くは続きません。 だんだん二人の関係が落ち着いてきて、恋から愛へと。 こうなるはず。 だったけど、、 このシフトチェンジがうまくいかなかった時 こんなことがおこります。 ** 毎日のように連絡をとっていた彼。 なのに、最近、連絡がない日も。 毎週遊びに行っていたのに、 「ごめん、友人とサッカーの約束があって」 「会社の飲み会があって、今日はあえないな」 と、自分以外の人と過ごす日がちらほら。 もしかして、彼は私の事、飽きてしまったんではないか。。 私、なにか悪い事したのだろうか。。 私はこんなに好きなのに、毎日会いたいくらい求めているのに、 彼は同じ気持ちではいてくれていない。 あんなに情熱的だったのに。。 もしかしたら、 他に好きな女性でもできたのだろうか。 こう考えたあなたは、不安のあまり頭の仲が彼の事でいっぱいに。 仕事のミスも増え、ますます孤独な気持ちになり、 彼に期待するようになります。 『常に私をみていてほしい』 ですが、彼はマイペース。 以前ほど自分に対しての情熱が感じられない。 一緒に過ごしても、ロマンティックなディナーどころか 定食屋の夕飯。 出かけるのが面倒だと、1日部屋で過ごすことも。 自分の価値が下がってきたような焦りで、彼にあたるように。 「最近手抜きじゃない?」 「もっとまめに連絡してよ!」 可愛く伝えればいいものを、寂しさから怒りも湧き 責めているような口調に。 彼は、 「なんでそんなこというの?」 「意味がわからない」 と不機嫌そう。 せっかくの二人の時間なのに楽しく過ごせない。 自分の気持ちをわかってくれない彼にイライラ。 前みたいに大切に扱ってもらうにはどうしたらいいのか? 私が我慢したらいいのかな? それとも、『別れる』って言ったら、驚いて前みたいに 大事にされるかもしれない。。 そうだ、彼に変わってもらうにはショックが必要だ。 ** そして、思ってもいない 『別れ』 を口にしてしまう。 その結果は、どうなるのか。。 『そうだね』 と言われない確信はありません。 試す。 という行為は、相手を傷つけてしまいます。 自分のことばかり考えているあなたは、相手への思いやりを忘れてしまっています。 せっかくの素敵な恋。 悲しいものになってしまっています。 『どうしてこんなことに』と 自分を責めているかもしれません。 キラキラしない、自分らしくいられない付き合い。 それは、きっと 『不正解』 なのだと思います。 これでは、愛を育むどころか、関係が終わってしまいます。 では、どうしたらよかったのでしょうか? ちょっと長くなりましたので、次の記事でお話しますね。 *******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です