ご相談『失恋』

【ご相談】半年前に絶縁されてしまった彼女

はせさんからのご相談

私は29歳男性なのですが、半年前に26歳女性に振られました。
半年移譲、10回ほどデートした後、告白し、今は好きな気持ちがないが、それでもよければといった文言で了承されました。
その後、1回だけデートをしました。

さらにその後、彼女の仕事環境が激変し、非常に多忙となってしまったこともあり、1ヶ月半以上会えないことについて多少口論があった末、お別れを言い渡されました。
仕事も忙しく、転職も視野に入れているため、余裕がなく、もう会う気はないとのことで、私からお相手にラインブロックしてもらうようお願いしました。

先日、別れからちょうど半年の節目を迎えたこともあり、ラインの別アカウントにて、私からお仕事の調子はどうですか?といった旨の軽い連絡を入れてみたのですが、無言でブロックされてしまいました。

できれば、もう一度普通に連絡を取り合う、会える関係まで修復希望なのですが、何かアドバイス頂けませんか?
正直、新しい恋愛に進む気ではいるのですが、どこかで諦めきれていないのです。

はせさんからのご相談にお答えします

はせさん。ご相談いただき、ありがとうございます。

ちょっと時間が開いてしまいました。
今も、スッキリしない状態でしょうか?

相手からの拒絶はとっても悲しいですよね。
彼女とのお話も含め、お答えしていきたいと思います。

よろしければ、読んでいただければ嬉しいです。

彼女にとっては恋愛ではなかった

最初からショックなことを言うようですが、もしかしたら彼女にとって、
はせさんとのことは、『恋愛』ではなかったのかもしれません。

なぜなら、
半年もの間、はせさんの気持ちをおそらく知っていたにもかかわらず、気持ちが動かなかった。
残念ですが、彼女にとって、はせさんは恋愛対象になっていなかったのではないかな。

女性は、会った瞬間、恋愛ホルダーやお友達ホルダー、どうでもいいホルダーなど、出会った男性を振り分けます。
もちろん、時間が経って、印象が変わり恋をするって言う可能性は十分にあります。
しかし、その最初の印象を変えることは、かなり難しいことなのです。

これは、はせさんがどうと言うわけではなく、彼女にとっての『感覚』のようなものなので、どうしようもありません。

それでも、何度も会ってくれ、検討と言う形ではあったものの、付き合ってくれました。はせさんとの関係を『恋愛』に発展させようと、彼女も努力してくれたのだと思います。
それくらい、彼女にとっては大切な存在になっていたと言えます。

でも、やはり、『恋愛』にシフトチェンジできなかった。
きっと彼女の中でも葛藤があり、罪悪感などもあったのでしょう。
いろいろな理由があると思うけれど、はせさんとの時間を作らなかったのは、『後ろめたく気が重い』そんな気持ちがあったかもしれません。

手放すことから始まることも

彼女に連絡をとった時、無言でブロックされてしまった。

とのことですが、
なぜ、彼女がそんな行動をしたのかわかりますか?

もちろん、私には彼女の気持ちはわかりませんが、同じ女性として想像するに、

ちょっと怖かった

のではないでしょうか?

はせさんから、「ブロックして」と言われブロックしたのに、知らないアカウントから連絡がきたら、
「何で??」と思うし、「どういつもりかな?」と不信に思います。

さらに、自分が振った側だとして、変に期待を持たせるような返信もできません。
自分にその気がないのに、思わせぶりなことをするのは失礼ですからね。

そう言う気持ちが、無言でブロックになってしまったのかもしれません。

そう考えると、
彼女は、はせさんに対して『気持ちがない』と考えるのが妥当ではないでしょうか。
残念ながら、はせさんほど彼女は想いがないようです。

まずは、このことを受け止めましょう。
現実を知る。自分の位置を知る。ことは、次の一歩を踏み出す時とても大切なことなんです。

この先は自分次第

ここまで、ちょっと辛くなるようなことばかりお伝えしてきました。

気分を害されたら、ごめんなさい。

ここからは、未来の話をしていきますね。

まず、彼女とのこれからですが、はせさんがおっしゃるような
気軽に話ができる関係になるには、かなり時間がかかりそうです。

彼女の性格もわかりませんし、二人の接点もあるのかどうかもわかりません。(ブロックされている前提でお話ししています)
それによっては、今後会う機会さえないかもしれません。
もし、会えたとしても、友人として付き合っていくことは、わだかまりを超えて、性別を超えてわかり合うことが必要です。

普通に職場で毎日会う仲だったとしても、時間がかかるでしょう。

それでも、彼女に賭けたい!とおっしゃるなら、
次に会えるときのために準備しましょう。
もちろん、その出会いは、計画されたものでなく、偶然でなければいけません。でないと今回のように頑なな態度を取られてしまいます。

その上で、彼女に会えたなら、
彼女にとって、はせさんが全く違う印象を与えることが重要。
今よりも、バージョンアップした、はせさんになっている必要があります。

理由はわかりますよね。
以前と一緒のはせさんでは、恋愛につながらない。からです。
彼女にとって、手に入れたい存在であることが、彼女を振り向かせることになります。

どんな自分なら、彼女が手に入れたい!と思ってくれるのでしょう。
じっくり考えてみてください。そして、そうなるように行動してみてください。

いかがでしょうか。
提案しておいてなんですが、かなり難しいプロセスですし、一か八かで
成功するかもわかりません。

私としては、彼女への思いは『思い出』として大切にし、今のはせさんを大切にしてくれる方と出会う方が、はせさんにとっての幸せなのではないかと思います。

彼女を大切に想ってきた優しい はせさんのことを、きっと好きになる方はいます。
笑顔をくれる人にこそ、その優しい気持ちをむけてみてください。
きっと、素晴らしいことがおこるはずです。

もちろん、私からは、彼女にしろ!とか、違う人にしろ!とか言うつもりはありません。
この先は、はせさん自信が、自分の幸せに向かってどの方角に進めばいいか、決めていく必要があります。

男性の、30代の過ごし方で人生の質はかなり変わります。
どんな人生にするかも含め、歩みを進めていってください。

頑張ってください。
応援しています!


サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

POSTED COMMENT

  1. はせ より:

    ご回答ありがとうございます。大変ありがたいです。
    お相手とはマッチングアプリで知り合いました。
    6回目くらいのデートまでは向こうから誘ってくれていたり、デートの終わりに何度もお土産をくれたり、楽しみにしているなどの言葉もあったため、私も少し勘違いしてしまっていました。
    最後の別れ際に聞いた話なのですが、お相手は同性と仲良くなるのにも数年かかるほど心を開くのに時間がかかり、過去に被ストーカー経験もあったとのことでした。きっと、友人としてゆっくりと仲良くなるつもりだったのでしょうね。
    しかし、サブリナさんの言う通り、恋愛感情が生まれるか否かははじめの数回で決まるものだと思います。
    半年以上、10回以上デートしてもそれが生まれなかったというのは、残念ながら縁がなかったのでしょうね。
    私も、はじめて関わるタイプの性質を持った方であったことや、マッチングアプリという出会いの経緯も含めて、恋愛を急かすような態度をとってしまったかもしれないと反省しています。
    はじめは少なからず興味を持っていてくれていたかもしれないのにも関わらず、最終的に絶縁という選択をされてしまったこと、これを機に、自分の人格を見直そうと考えます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です