恋愛

やっと手放せました。

私の気持ちのお話ですが、 一度テリトリーに入れると、なかなか外に出すことができません。 。。。 なんのこっちゃ?? 説明がいりますね。笑 人との関わり方の癖なのですが、 まず、自分を受け入れてくれるのかどうか、 それを『信用』するまでに時間がかかるのです。 特に、フレンドリーに接して来てくれる方には かなりの警戒をしています。(笑) むしろ、気を使わないつっけんどんだったり、 私のご機嫌を取る様子のない人の方が早めに『信用』できるのです。 今はとても仲良くさせていただいている、年上の女性がいますが、 彼女は初めからにこやかで、なんというか、、 うさんくさかった。。(ほんとひねくれていてごめんなさい!!) 懐疑的な態度をとる私に、彼女は興味をもってくれ、まめに関わってくれ たくさんの話をするうちに、私の気持ちを話すことができるようになりました。 彼女を自分のテリトリーに入れるのには3年かかりました。 長く付き合っているうちに、すこしづつ安心し、信用するようになり、 こちらも心を開けるようになり、相手が大切な存在になってくるのです。 テリトリーに入れるっていう表現は、気持ちの距離の感覚なのですが 内と外では『好き』と『どうでもいい』くらいの差があります。 恐らく私は、人には『黒い』部分が必ずあり、それがなかなか見えない 人は、嘘つきに感じるようです。 人がよく、優しい人ほど偽善者なのか、本心なのかわからず 相手の本心に触れる瞬間まで、なるべく関わりたくないとさえ思っています。 なので、前述で出てきた、自分がどう思われるかに関心がなさそうな人ほど 正直に思えます。 ただ、そこから私が相手と仲良くしたいかどうかは、また別の話なのですが、、 長くなっちゃいましたが、 ここからが本題。 こうやって、長い時間をかけて築いた『信用』をなかなか手放せない 厄介なしつこさが私にはあるのです。 一旦テリトリーに入れてしまうと、その相手との関係を手放せないのです。 今回は、そんな私がやっと手放すことができた相手とのお話です。 その人は『元彼』で、別れてしまったあとも一緒に飲みに行ったりと 友人として付き合いは続いていました。 別れて1年後に再開をし、たまに食事に行く関係。 最初のうちは私に少しの未練があったことは否定しません。 やはり、特別な存在に代わりはなく、彼のことを大切に思っていました。 おそらく、友人との距離感ではなかったとは思いますが、砕けた距離感は 私が修正しようとしてもなかなか変わりません。 時には、友人にはしないであろう『お願い』や、普通なら腹を立てても 良いのでは?と思うほどの冗談(少なくとも彼はそう思っている様子)など 気持ちがささくれるようなこともありました。 それでも、彼を嫌いになることはできず、それらのことを『甘え』として 受け入れてしまっていました。 友達にそんな話をすると、 「優しすぎる」「なんの得もない」「そんな人いらん」(私の友人たちは私に甘い口の悪い奴らです。笑) などと、叱られるのですが、私は でも、大切な友人だし。お願いされると嬉しいのよね。 などと思っていたのです。 すでに彼に対する『特別』感は元彼ってことだけで、気持ちはすでに恋愛ではなく 他のテリトリー内の人と代わりはなかったのですがね。 ある日、彼の知り合い(女性)と一緒に3人で食事をする機会がありました。 共通の友人がおらず、2人で会うことが多かったので、嬉しかったのですが なぜか私をバカにしたりからかったりして、場を盛り上げようとするのです。 単純に考えて、その彼女を狙っていたのかもしれません。 彼女が「彼女さんですか?」と聞いたので、「友人です」と答えたのと同時に 彼が、 「こんなやつ、女と思っていない!中身男だから〜!」などとディスってきます。 他にも、私の大切にしている事も「こんなことして、どうかしてるよね〜」 と、肴にしています。 彼女は彼の話に引いていました。なんだか、かわいそうなくらい。どうしていいか わからない苦笑いを浮かべていて、気の毒でした。 まあ、2人でいる時もそんな感じなのですが、この時初めて、彼にとっての自分の存在が わかったようなきがしました。 あ〜、この人は私に対してリスペクトを感じていないのだ。と。 わかっています。これも甘えだと。 きっと今も私が彼に恋しているのだと思っているのかもしれません。 そして、もしかしたら、私に恋心があれば我慢できたのかもしれません。 この時は、心が冷たくなる感覚。 悲しいとかっていう感覚もない。 ただただ、自分ってバカだな〜って思ってました。 目が覚めた。って言葉がぴったり。 いままで大切だったものが、急にゴミになりました。笑 私を大切にしてくれている人たちに申し訳ない気持ちになり、 このくだらない時間が早く過ぎないかとイライラしました。 大人ですから、終始にこやかでしたよ。 別れ際も、いつも通り。 なんだか、清々しかったです。 今までもやもやしていました。 大切に扱われている感覚がなかった。 大切な人を大切にあつかっているだけなのに、違和感がある。 これは何だろう。 『テリトリー内の人は大切な人。』 それは間違いないはずなのに。。 と、彼に関してはいつも疑問があったような気がします。 長かったですが、この勘違いに気がつきました。 と同時に、 人は日々変化している。 私も変化している。 だから、彼の態度に疑問を感じるようになり、彼から卒業することが できました。 かつて大切だった人も、自分に必要なくなる事があるのだ。と。 それを、寂しさもなく実感する事ができました。 今、もしかしたら うすうす手放した方がいいのかも。。と感じている相手がいる方がいるかもしれません。 きっと、どちらかが。もしかしたら二人が変わってしまったのでしょうね。 さみしい事のようですが、必要なこととも言えます。 その時がきたら、私のように受け入れてほしいです。 悔しさや悲しさを感じる事はありません。「あ〜なるほど〜」と言って 軽やかに前に進めばいいのです。 私が感じた開放感。是非味わっていただきたい。 もうすぐそこまできているかもしれませんね。 彼とのその後?ですか。 その日の食事の帰り道、連絡先を全て消し、SNSはブロックしたので わかりません。 今のところ、何も困ったことはないし、快適に過ごしています。(笑) *******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

POSTED COMMENT

  1. 音色 より:

    サブリナさん
    お返事ありがとうございました。

    コメントしてすぐに付き合っている人がいるのかを聞きました。
    3年付き合ってる遠距離の恋人がいました。

    “彼とどうなりたいか?”とのサブリナさんの問いに号泣しました。
    どうもなれるわけない…最初からわかっていたのに認めたくなかった。考えたくなかった。このまま曖昧にして一緒にいたかった。
    でもいつか手を離されることを考えたら心がもげそうで、ちゃんと考えました。

    私は今の生活が好きで、何ひとつ失いたくない。彼に別れを告げられたら耐えられない。
    だったら幸せな今、自分から離れよう…と、お別れしてきました。

    片思いしてた2年間、一緒にいた3ヶ月、好きだったけどずっとつらかった。
    一緒にいるときも、いつも彼の心は私になどこれっぽっちも向いていないんじゃないかって、苦しくて苦しくて。
    もうこれで苦しまなくていいんだ、もうメールしなくていい、メールを待たなくていい、会いたいと思わなくていいんだと思ったら泣けて泣けて、心が軽くなりました。
    離れてから一度も連絡したいとも会いたいとも思いません。
    自分でも驚くほど、寂しくない。
    でも、彼にとって私はなんだったんだろう、少しも好きと思われていなかったのか、彼の恋人はどれだけ素敵な女性なのだろうという気持ちが消えません。
    彼よりも彼の恋人が気になって仕方ないんです。
    街で綺麗な女性を見かけると「こんな人なのかな」と考えてしまう。
    彼女はどんな雰囲気の服を着て、どんな料理が得意で、彼とどんな話をして癒してあげてるんだろう…。そして全てにおいて私より素敵なんだろう。という考えから逃れられず、苦しいです。
    これも時間が経てば消えていきますか?
    彼の恋人の友達と同じ職場なのですが、たまに見かけるとつらくなります。
    自分に自信をつけたらいいのでしょうか…。
    彼にも彼の恋人にも会うことはないのだから、私は浮気相手としてでも好きだと思われていたし、彼の恋人よりも素敵なんだ。と、勝手に思っていればいいと思うのですが…。

    気持ちを手放すって難しいですね。
    執着しすぎてしまいます。

  2. 音色 より:

    サブリナさん
    以前「音信不通」の記事でコメントした音色です。
    コメントへのお返事をありがとうございました。

    あのとき「好きになってはいけない立場の男性」が好きだと書いたので、男性側に別の相手がいるように思われたと思いますが、相手がいるのは私の方なんです。最低ですよね。すみません。

    何度も彼への気持ちを手放そうとしましたが、展開があると期待してしまうし、彼に依存してしまって…。
    彼から連絡はほとんど来ないし、彼も他に女性がいることを匂わせてきたりして、つらいばかり。
    でも会えば好きだと思ってしまうし、会いたいと思ってしまう。(言い訳っぽいですがプラトニックな関係です)
    そして、本命の彼女がいるの?とも聞けない…

    どうしたら手放せるのかわかりません。
    もう少し気がすむまで一緒にいてもいいと思いますか?
    相手はかなり年上で、モテるタイプ。結婚相手を探しているというわけでもなさそうです。
    私に相手がいることも知っています。
    ただ、そういう深い話をしたことがないので、本心はわかりません。
    なんなら、私がどうしたいのかもわかりません。
    そんなに好きなら、私がフリーになって、彼ひとすじ!ってすることが一番なんでしょうけど、振り向いてもらえる気がしないからか、それは無理…と思ってしまいます。
    本当にただの執着・依存でしかないですよね。

    周りの人みんなに不誠実な自分が嫌です。
    他のことに目を向けようと、色々目標を立てて動くようにしていますが、何をしていても彼のことを考えてしまいます。
    辛口でいいので、何かアドバイスいただけたら嬉しいです。

    • saburina より:

      音色さん

      コメントありがとうございます。

      そうでしたか。
      音色さんの方にお相手が。

      そうですね。前回のコメントと気持ちは同じですが、
      音色さんは、彼とどうなりたいとお考えですか?

      もし、都合よく(言い方は悪いですが)付き合いたい。のであれば、ご家庭を大切に
      しつつお付き合いも可能かと思います。
      ですが、
      相手にも都合よく扱われるかもしれないという覚悟は必要です。
      さらに言えば、
      彼が他に誰かがいたとしても、それを咎めることもフェアではない気がします。

      あけすけに申しますが、
      反対に、体の関係が主の方が目的がわかりやすく、お互いが対等になりやすいかと思うのですが、
      音色さんは、心を必要としていらっしゃるようなので、彼との恋愛は『過酷』であろうと思います。

      不倫は読んで字のごとく、倫理に反した行いですので、同情もされにくく相談もしにくい。
      うっかり知り合いに話せば、旦那様の耳に入るかもしれません。
      そして、
      最悪の場合は、家庭も、お金も(慰謝料を払うことになれば)、そして彼も失うかもしれません。

      それでも、止められない想いなのでしたら、仕方ないですよね!笑
      開き直って恋してみるのもいいかと思いますよ。
      『全ての責任は自分がとる。』
      その気持ちがあれば、自分に対する不誠実感はなくなると思います。
      (優しい人たちへの罪悪感は恩恵を受けているうちは感じると思いますが。)

      と、
      コメントの頭に、手放すにはどうしたら。。
      とご質問いただいてましたね。失礼しましました。

      手放す(気持ちを離す)には、

      会わない。話さない。見ない。

      私が思うに、これが一番近道です。

      最初は苦しいですが、2週間ぐらい経つと少しづつ気持ちが軽くなってきて
      2ヶ月も経つと、「これで吹っ切れそう」って瞬間が何度も訪る。
      私の経験ですが、半年も経つと優しい思い出になり、彼を思い出しても
      穏やかな気持ちでいられました。

      きっと、手放せないのは、音色さんが迷っているから。
      どうしたらいいかわからないうちは、どうしようもありません。
      なので、
      自分からは動かず流れに任せて見てはいかがですか?
      時間が経つごとにリスクは増えていきますが、迷いの中では
      何を選んでも後悔すると思います。

      まずは彼とどうしていきたいか『決める』
      そうしたら、あとは行動するだけ。
      決めるのは勇気がいることかもしれませんが、音色さんの人生です
      自分の決断に自信を持って、この先を笑顔で生きて欲しいと思います。

      頑張ってください。

  3. Miffy より:

    はじめまして。
    先日、saburinaさんのブログに初めて出会いました。

    何度も何度も読み直しました。
    人の気持ちは変わる、大切な人を手放すことが前に進むために必要なんだって思えました。
    ありがとうございます。

    仕事でもプライベートでも信用していた彼が、ずっと
    隠していたバツイチ子持ちさんであったこと。
    事実よりも、本人からでなく友達から聞いた事が衝撃で。
    裏切られた気持ちが強く、焦ってしまい、本人にその事を聞いた途端、今までと別人のように、「付き合うとかの線引きは苦手、離れたければ離れれば良い」と。

    状況がわからなくて、ご飯がたべられなくなり、
    仕事も手につかず。いろんなサイトで執着を手放すように書いてあるけど、どう手放すかわからず、余計に彼のことばかり気になって。

    あれから半年。時間や大切な友達が助けてくれましたが、
    わずかに心が最後まで彼に執着していました。

    saburinaさんのブログを読んで。
    冷静に2人で過ごした時間を振り返りました。

    楽しさの時間の共有と、お互いを敬うことは違うと。
    レスペクトを感じたことはあっただろうか。
    本当の自分を出せていただろうか。

    すっと心がかるくなりました。

    2018年最後の日に、こうおもえたこと、心から感謝します。
    良いお年を&素敵な2019年でありますように。

    • saburina より:

      Miffyさん

      コメントありがとうございます。

      あの、怒りに任せて書いてしまった(私にとっては珍しく感情的でした)記事。
      それをご覧いなって、心が軽くなっていただけたなら、とても嬉しいです。
      私にとって、吐き出し記事のようなものでしたので。

      私の場合とは、状況が異なり、Miffyさんは大変辛い思いをされましたね。
      今は、心も体も健やかに生活されていると思います。
      その中で、まだ彼とのことを思い出す瞬間もあるかと思いますが、
      無理に拒まず、自分が彼をとても愛したことを褒めてあげてください。
      たくさんの良い思い出があるからこそ、思い出してしまうのですから。

      それだけ一人の人を想うことができた、Miffyさんですから、
      また人を好きになり、慈しみ合うことができますよ。大丈夫です。

      人は、多面体で、いろいろな部分を持っていて、それが個性と言えるのかもしれません。
      その彼も、尊敬できるところや愛すべき部分をたくさん持った方だったのだと思います。
      今回の一部分だけ見れば『ひどいやつ』と終わらせることもできますが、
      それだけではないからこそ、執着してしまうのですよね。

      これからも何度か彼のことを思い出すことがあると思います。
      ですが、それが時間や状況によって、辛いものから『あの恋愛があってよかった』
      と思えるようになりますよ。きっと。
      だから、無理に忘れることないです。
      誰かを好きになったこと、愛したことに胸張ってください。

      年も明けました。
      心新たにいろいろなことに挑戦したり、自分に関心をもち
      おしゃれや、勉強に勤しんでください!

      Miffyさんがはつらつとした毎日が過ごせますよう、心からお祈りしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です