恋愛

あたって砕けてみませんか?

誘うのは、男性の仕事でしょ。

好きだったら、会いたいって思うはず。

と受け身で恋愛してませんか?

男性だって、最初は気を引きたくて連絡もマメで、たまに断るくらいの頻度だったのに。

最近、連絡が少なくなってきたな。

とか思い始めてきたら、注意信号です。

 

二人の信頼関係が深まって、落ち着いてそうなっているのなら、二人のステージが第二段階に突入したってことかもしれません。

え~、そんなのどうやって見分けるの?って言われるかもしれません。

実は、答えは自分が知っています。

連絡の少ない彼に、「なんでなの?」とイライラしていませんか?

きっと、そのイライラは『不安』からではないですか?

もし、そうなんだったら二人が穏やかに愛を育んでいると実感がないですよね。

今この時に、ちょっぴり軌道修正が必要かもしれません。

この後どうなるか。。多くのパターンですと、

イライラの募ったあなたは、彼に連絡します。

「忙しいの?」

彼の返事は

「え?別に?」

あなたは思います。

なぜ、時間があるのにデートに誘わないの?と

そして、ちょっと悔しくて、

「ふーん。そうなんだ。私はまあまあ楽しく過ごしているよ。週末も色々とね。」

と、気をひきたくて、強がったりします。

そして、彼が

「そうなんだ、今週末に映画一緒に行きたかったけど、時間なさそうだね」

と言うと、

残念がる彼に安心し、

「べつに断ってもいい用事だよ」

とか言ってみるも、

彼は、

「無理しないでいいよ。また誘うね」

なんて、ことになって会いたかったのに会えないってことに。。

そして、さらに不安になった意地っ張りのあなたは、

「べつに、あなたなんかいなくても平気よ」みたいな事を言ったり

「コンパに誘われていてさ~。。」と、上目遣いで様子をうかがったり(笑)

こうやって、第三者からみると可愛いんですけどね。

当事者の彼からしたら、めんどくさいだろうな~なんて思ったりします。

そして、単純で素直な彼は、

「そうか、僕じゃなくてもいいのか」と、ボンクラな事を考え出し、誘うのも迷惑なんじゃ?なんて考え出してしまうかも。

そして、気持ちはすれ違ったまま、フェイドアウト。

または、あなたが爆発し、別れを告げてしまう。なんてパターンも。

素直に、「逢いたい」って言えればいいのだけど、不安だと怖くて言えなくなっちゃうんですよね。

とっても理解できます。

でもですね、

相手がどう思っているかなんて、ぶっちゃけわかりません。

なので、あなたがどう思うのか。で行動しちゃっていいと思うんです。

どう思われているか不安だから、相手の気持ちを確かめるような事して、めんどくさくなっちゃうより、

自分が逢いたいから「逢いたい」って、素直に言っちゃいましょう。

相手からの反応をみれば、なんとなくでも二人の雰囲気はわかりますから。

断られるのが怖い?

大丈夫。死にませんから(笑)


そりゃ、用事がある時もあるでしょうし、気分がのらないときだってあります。

反対に、会えるかもしれないんですから。

言ってみる価値はありますって。

あたってくだけろ!

プライドなんてじゃまだ!じゃま!(笑)

もし、彼が自信をなくしていたり、気持ちがはなれつつあるなと感じたなら、少し距離を置いて、また、少しづつ近づけば良いんです。

ちょっとお疲れ気味の彼をいたわってあげてください。

急がせちゃだめですよ。待ってあげてくださいね。

拒まれたとショック受けないでね。

あなたが悪いのではないです。彼の問題です。

こちらが悩んで不安に思っていたのとは裏腹に、相手は何も考えてないってこと、

よくありますから。

もし、会えたら。

素直に喜んで、ちょっと不安だった事、可愛く言ってみたらいいですよ。

「ばかだな~」と安心させてくれると思いますよ。

せっかく縁あって仲良くなった二人ですから、意地はってダメにしちゃうのもったいないですよ。

なんとなく、ギクシャクしてるな。って感じたら、まずは自分から行動してみて。

必ず、良い方向に向かうはずなんでね。

 

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です