人生

してあげる。ではなく、させてもらう。


同じことをしていても、してる側の意識が違うと、受け取る方の印象が180度変わる場合があります。

誰かの手助けをしたり、人に親切した時。

どんな気持ちでしていますか?

ほとんどの方は、そんなこと意識せず行動しているかもしれません。

もし、

親切にした相手が、全く感謝しなかった場合はどうでしょう。

気分がざわつきますか?

『せっかく親切にしてあげたのに』と。

 

私の友人で、とても面倒見の良い女性がいます。

彼女は、明るく元気な雰囲気で、仲間のお姉さん的存在でした。

進んで面倒を見、進んで親切にする。

恋人にも、とても尽くしていました。

ですが、心から彼女に感謝する人はほとんどいませんでした。

何をするにも、「褒めて欲しい」「感謝して欲しい」という気持ちが透けていたのです。

相手がそんな風に思っていると、とても感謝しづらいです。

なぜなら、その行為は自分に向けられたものではなく、彼女自身のための行動だからです。

どういうことかと言いますと。

例えば、食事を彼女が作りました。

彼女の望みは「おいしいと褒めて欲しい。感謝して欲しい」と思っています。

そこに、

「おいしいものを食べさせてあげたい」という気持ちもあるでしょうが、それよりも「食べさせてあげたのだから感謝してください」なのです。

そんな風に思っている人に、感謝しますか?

「え~。別に頼んでないし」

って気になることでしょう。

せっかく親切にしても、ありがたいと思われるどころか、お節介に思われてしまう。

悲しいですね。

ならば、感謝される人はどういう人なのか。

おそらく、「見返りを期待しない」人でしょう。

私がしたくてさせてもらった。だから、感謝などしてもらわなくて結構。

喜んでもらえたら、手助けができたなら嬉しい。と思ってる人ではないでしょうか。

そういう人は決して前に出てきません。

さりげなく何かをしてくれているはずです。

「私がやってあげた!」なんて主張は絶対にしません。

心からしたいと思ったからやった。やりたくなかったらやらない。

したいことをさせてくれて、ありがとう。

と、無理のないスタンスなのです。

感謝されたい!と願う人が感謝されず、

させてもらって感謝している人が、感謝される。

人の心理って面白いですね。

友人の話に戻りますが、

彼女は、自分の親切が報われないことを嘆いていました。

なぜ、皆に感謝してもらえないのか不思議だと。

そして、『もっと尽くさなければいけないのではないか?』とさらに『お節介』を重ねていました。

どんどん疲弊していく彼女に

「感謝されなくて辛いなら、親切やお世話をやめてしまえばいい。」とアドバイスしましたら、彼女から出た言葉は、

「そんなことをしたら、誰からも相手にされなくなってしまう。」でした。

彼女は自己肯定感が低く、自分に自信がなかったのでしょうね。

感謝されることで、存在を認めてほしかったのですね。

もし、感謝されないことに毎回イライラしてしまっていたら、自己肯定感が低くなっているのかもしれません。

苦しくなってしまう前に、

「自分は生きているだけで素晴らしい」と自分を認めてあげましょう。

お節介をやめ、自分に時間を使ってみてください。

誰もあなたを嫌わないことを実感できるはずです。

してあげる。のではなく、させてもらっている。

見返りなどいらないという気持ちが人を感動させ、感謝されるのだと思います。

*******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

 

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です