恋愛

彼氏ができない。とお悩みのあなたへ。

「ぜんぜんモテません」「彼氏がなかなかできません」「結婚したいのになかなか。。」 と、お悩みのあなたへ。 今日から、じゃんじゃんモテるような魔法を!! っと、言いたいところですが、 そんなものは、もちろん存在しませんが。笑 このテの悩み、相談は結構耳にしますよね。 多くの方が、『どうしてだろう。努力はしているつもりなのに。』 と、なかなかうまくいかないパートナー探しに、頭を抱えているようで。 私としては、 「そのうちあらわれますよ〜」 と、のんびり婚活してほしいところですが、 せっかく頑張ってお相手をみつける努力をされているのに そんな無責任な言葉ひとつでは申し訳ないので。 中には、彼氏が欲しいと言いながら、何も行動せず 白馬に乗った王子様 が迎えに来てくれるのを、いつまでも待ってる方もいます。 そういう方の口から、 「なんで彼氏ができないの?」 なんて聞くと、 「え??何言ってんの?」 「王子が見つけられるほど、輝く美女でも、有名でもない。 そんなあなたを、王子はどうやってみつけたらいいんや??」 と、突っ込まずにはいられません。(もちろん心の中で) そんな中、あなたは努力して行動しています。 素晴らしい! 目標まで、夢までは、自分の足で動かなければ ほとんどの場合たどり着きません。 なので、 一歩一歩、確実に近づいていますよ。 『王子待ち』の人たちに比べたら、すごーくリードしてます。 でも、今のところ、パートナーができる兆しがなく意気消沈。 といったところかもしれませんね。 行動しているのに、成果が出にくいのは その行動が間違っている。または、方向がちがう。 のが原因かもしれませんね。 どういうことか。 ちょっと説明します。 まず、 モテることが必要なら、 モテるエリアに行くべきです。 あなたって、本当にもてないのでしょうか? そもそも、そこが間違ってるかも。 今までに誰かから告白されたことはないですか? もしあるなら、モテてますよ。 自分に好意を持っている人、周りにいませんか? もちろん、女性として。 もしいるのなら、今すぐ 「お付き合いしましょう」 とその方に言えば、カップル誕生です! ですが、あなたはこう答えるでしょう。 『あの人は好きになれない』 そう、自分が好きになれないから、付き合えないのです。 そんな、無茶な。。 と思うかもしれませんが、そういうことです。 「私は私が好意を持っている人と付き合いたい」 だれもがそう思いますが、自分のエリアがその人と違うために、振り向いてもらえません。 あなたのことを好きな人を、あなたが拒むのと同じ理由です。 そう、はっきり言いましょう。 高望みしているんです。 反対に、あなたがエリアを変えれば、モテることまちがいないのです。 何年か前に 何人もの男性と金銭トラブルになり、練炭で殺人をした 『木嶋佳苗』を覚えていますか? ちょっと、殺人犯を話に出すのは気が引けますが、彼女はまさに 自分のモテるエリアで大暴れしていたのです。 本人の画像を見た方は思うでしょう。 『こんな美人でもない人がどうして何人もの男性と。。』と。 そう、彼女はぽっちゃり。顔も地味なタイプ。 ですが、多くの男性に結婚を申し込まれ、お金まで受け取り、大切にされました。 なぜか。 彼女のお相手は、 『自分に自信のない、女性に縁遠い方達』でした。 そんな彼らにしてみたら、彼女は素晴らしく輝いて見えたのです。 もちろん、犯罪は許せるものではありません。 理由があっても、命を奪っていいなんてことないのです。 ただ、『木嶋佳苗』のポジショニング取りには関心しました。 まさに、自分がモテるエリアにいた人でした。 こう考えると、今あなたが『付き合いたい』と思っている男性は あなたがモテるエリアにはいないのです。 言い方が悪くて本当に申し訳ないですが、 ちょっと、レベルを落としたところに、あなたを欲する方がいるのです。 そこには、あなたが気にいる男性はいないかもしれません。 でも、最初から『無理。。』とか思わず、友達になってみたら、 実は素晴らしい尊敬できる方だった。 なんてことも有り得ます。 エリアを変える。 こういう考え方も、面白い(いろいろと失礼ではありますが)と 思うんですよ。 それでも、 「好みの人に、ときめいて、好きになって、付き合いたい!」 とおっしゃるなら。 その方に見つけてもらえるように、頑張るしかありません。 彼の好みのファッション。 彼の好きな髪型。 彼の趣味。 彼の好きな仕草。女性のタイプ。などなどなど。 彼の隣にふさわしい自分になるしかありません。 『今の自分のままで、好きになって欲しい』 とか、言ってたら、その隙に誰かにかっさらわれてしまうかも。笑 今のあなたは、彼の視界に入っていない状態。 要は、お姫様に見えない。使用人レベル(←わーーーごめんなさい!) 王子は姫にしかダンスを申し込みませんので。 中身ももちろん大切ですが、見た目だって同じくらい大事。 頑張って、彼のいるエリアにたどり着けますよう。 検討を祈ります。 まずはそこがスタートラインです。 追伸 頑張っている女性は誰もが素敵です。 仕事、恋愛、趣味。 なんでもいいので、『頑張って』ください。 夢中で頑張ってるうちに、あなたの魅力に惹きつけられる 素敵な男性はあらわれますので。 *******************

サブリナへの相談ごとは→こちらまで

サブリナへ相談してみたい方は下のボタンからどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です